スピード違反の罰金と点数 免停になるのは何キロオーバー?

 

スピード違反で捕まった時、まず心配なのが免停にならないかな?ってことですね。

私も先日覆面パトカーに捕まった時は、真っ先に免停を心配しました。(良いことですが)あまり違反したことない人だとなおさらですよね。

スピード違反で捕まった時の罰金額と点数についてまとめましたので、免停にならないように一応気にしてみてください(笑)

一般道と高速道路は罰金と点数がそれぞれ違いますのでご注意ください。

数値は警視庁のサイトを参考にしています。

一般道路のスピード違反

 

一般道でスピード違反をした時の罰金額と点数はこちら

超過速度 罰金(反則金) 点数
15キロ未満  9000円  1
15キロ~20キロ未満  12000円  1
20キロ~25キロ未満  15000円  2
25キロ~30キロ未満  18000円  3
30キロ~50キロ未満 簡易裁判で決定
50キロ以上 簡易裁判で決定 12

30キロ以上のオーバーですと、捕まった時に赤切符(重大違反)をもらい、交通裁判所に出頭して略式裁判にかけられます。そこで簡単な取り調べを経て罰金が決定されます。

超過速度や態度によって罰金に変動があり、5万円~10万円前後です。

赤切符の正式名称は「告知書」といいます。青切符は「交通反則告知書」。

 

高速道路のスピード違反

 

一般道にプラスして高速道路は上限が高くなっています。

超過速度 罰金(反則金) 点数
30キロ~35キロ未満 25000円
35キロ~40キロ未満 35000円
40キロ~50キロ未満 簡易裁判で決定
50キロ以上 簡易裁判で決定 12

高速道路のほうがスピードが出やすいので、40キロ未満まで罰金の規定があります。

40キロをオーバーしてしまうと赤切符をもらうことになります。

 

免停(免許停止)になる違反点数は?

 

免許停止処分(免停)になるのは6点以上の時です。

免停日数 30日 60日 90日
点数 6~8点 9~11点 12~14点

6点で30日の免停になるので、一般道で30キロオーバー、高速道路で40キロオーバーした場合は、一発で免停になってしまいます。

違反点数は加点制なので、例えば最近軽い違反をいくつかして、既に3点の違反点数を貯めた状態ですと、3点増えた時点で免停になります。

点数は一年間無事故・無違反でリセットされますので、違反で捕まった場合、最低でも1年間は再び違反しないように気を付けましょう。

また、免停の前歴がある場合は、規則が厳しくなっていますので、常習犯は免停スパイラルに陥りやすいです。 例)前歴1回の場合は4点で免停処分

 

免取(免許取り消し)になる違反点数は?

 

免停よりも恐ろしいのが免取(免許取り消し)ですね。

免停は6点からでしたが、免取になるのは15点からです。

スピード違反の最高違反点数は12点ですので、蓄積点数がなければ、スピード違反では免取になることはありません。

ただし前歴がある場合は厳しくなっていますので、スピード違反だけでも免取になる場合があります。(前歴1回ある場合は10点で免取)

なお、免停・免取の前歴は処分が終わってから1年間無事故・無違反でリセットされます。

 

まとめ 違反は負のスパイラル

 

ここまで目を通した方はお気づきだと思いますが、交通違反は常習者に厳しくなっています。

前歴があると免停・免取になりやすく、運転する素質がない人を排除する仕組みになっています。

厳しく感じるかもしれませんが、1年間で前歴が消える制度があるように、きちんとルールを守っていれば、よほど運が悪くない限りレールに戻れます。

飲酒運転などは論外ですが、不注意で1点の軽違反を繰り返して免停になるのはもったいないので、シートベルトや一時停止など、日頃の運転から気をつけていきたいですね!

 

私が高速道路でスピード違反に捕まった話はこちら

中国道でスピード違反 覆面パトカーに捕まった話

 

関連記事

ドライブ中に野生動物に出会える道をご紹介!東北~九州までの実体験

中国道でスピード違反 覆面パトカーに捕まった話

エネオスでTポイントカードを利用するとポイントはいくら貯まるの?

初心者マークは1年以上貼っても良い?その他初心者マークに関する疑問