白髪の原因と予防方法 どう対策すれば良い?

 

近頃白髪が目立ってきてしまって、どうしたものかと悩んでいます。

この勢いでは、50歳に頭が真っ白、なんてことになりかねないので、白髪の原因や対策について調べてみました。

白髪は一旦できると、黒髪に戻すのは難しいといわれています。

「白髪を黒髪に戻す!」とうたっている記事の多くが、最後にはヘアカラーを勧めている有様です。

しかし、白髪を治すのは難しくても、白髪の予防なら色々できることがあるので、白髪の原因と予防方法についてまとめました。

 

白髪の原因

 

「30歳で白髪がいっぱいの男。その原因は?」に、白髪の原因について書きました。

 

簡単に箇条書きしますと、

  • メラノサイトの低下
  • チロシン不足
  • ストレス
  • 喫煙
  • 遺伝

他に連鎖反応もありますが、以上の5つが主な原因になります。

単純に、白髪になる原因を一つずつなくしていけば予防になりますので、もう少し具体的に見ていきましょう。

 

白髪の予防

 

白髪ができる原因は栄養不足にあります。人間の体内を血が回っていて、その血流にのって栄養が各部位に供給されます。

そして、髪に栄養がいくのは最後のため、栄養不足に陥ると真っ先に被害を受けるのが髪です。

ですので、白髪が増えるのは危険なサインともいえます。

 

メラノサイトの機能を維持して白髪予防

 

メラノサイトは黒髪を作る働きをしています。

このメラノサイトの機能が低下してしまうと、毛母細胞によって作られた髪に黒色をつけることができないため、白髪ができてしまいます。

 

メラノサイトがユーメラニン(黒色)を作る → 黒髪になる

メラノサイトの機能が低下 → 白髪が増える

単純にいえば上のような形になります。メラノサイトが元気でないと白髪が増えるわけです。

白髪予防の大原則は、メラノサイトの働きがよくなるように気をつけることです。

 

では、メラノサイトは具体的にどういう働きをしているのでしょうか?

メラノサイトの具体的な働き

メラノサイトはメラニン(ユーメラニン)を作る

メラニンを作る材料として、チロシンチロシナーゼが必要

ラーメンを作る時、ラーメン屋のオヤジが元気でも、スープと麺がないとラーメンができません。

メラニンも同じで、メラノサイトは元気でも、メラニンを作るのに必要な材料が足りていないといけません。

その材料がチロシンチロシナーゼです。

 

メラノサイトは老化によっても低下します(歳を取ると白髪が増える原因)が、若い頃から白髪が増えるのは栄養が足りていない可能性が高いです。

チロシンはチーズ大豆などに多く含まれているので、日常的に意識して食べると良いです。またチロシンは脳の活動を手助けし、うつ病などの予防にもなります。

大豆製品でチロシンを摂取する場合は、同じ加工食品でも納豆より豆腐のほうがより大豆に近いので、豆腐のほうが効果は高いです。

私みたいに両方あまり食べない人はビタミン剤を飲むのも一つの手ですね。

国産L-チロシンEX (90粒 1か月分)
国産製品で、口コミもおおむね良い商品です。

 

チロシナーゼは体内にあるものですが、動きを活性化させるためにはが必要です。

銅は体内で生成することはできないので、食べ物から摂取するしかありません。

銅が含まれている食品

・牛肉(レバー) ・豚肉(レバー) ・ほたるいか

・うなぎ ・桜エビ ・いか その他色々

鉄分亜鉛を同時に摂取することで銅をより効果的に吸収できます。

牡蠣(カキ)やカニなどに亜鉛は多く含まれています。豚レバーには銅と亜鉛が両方含まれているのでおススメです。

 

また、チロシン(栄養)は血液を通ってメラノサイトまで運ばれてきます。

血液が悪いとチロシンがうまく供給されませんので、血液を作るのに葉酸ビタミンB12が必要になります。

 

色々ややこしくなってきましたので、簡単にまとめます。

・黒髪を作るのにはユーメラニンが必要

・ユーメラニンを作るのはメラノサイト

・チロシンとチロシナーゼを混ぜてユーメラニンが作られる

よって、メラノサイト・チロシン・チロシナーゼがそれぞれ元気になるように栄養を取ればよいわけです。

 

栄養を補給するのに良い食品

メラノサイト 貝類や野菜など 葉酸とビタミンB12を含む物

チロシン 大豆・チーズなど

チロシナーゼ レバー・桜エビ・いか など銅を含む物

また、昆布・わかめ・ひじきなどの海藻類にはヨウ素が含まれいて、ヨウ素は細胞の成長を促す効果があるので、メラノサイトの活性化に役立ちます。

 

栄養をしっかり取ることによって、メラノサイトの機能低下を防げば、白髪防止になりますので、食生活に注意する必要がありますね。

 

ストレス解消して白髪予防

 

ストレスがたまると血行が悪くなり、髪まで栄養がいかなくなる原因になります。

そのため、ストレスのせいで白髪が増えるのです。

できるだけストレスを溜めないように、と言いたいところですが、こればかりは難しいですよね。

適度な運動などでストレートの解消になりますので、悩みを抱えている時は思いっきり体を動かしてみるのはどうでしょうか。

睡眠を確保して白髪予防

 

人間は寝ている間に細胞が新しく入れ替わっていきます。

そのため、睡眠時間をきちんと確保することは白髪防止にもなります。

睡眠不足によって血行が悪くなったり、成長ホルモンが分泌されなかったりと、間接的に白髪ができる原因になってしまいます。

 

まとめ 白髪は生活習慣病?

 

栄養不足によって黒髪を作るメラノサイトの機能が低下します。

また、ユーメラニンを作るために必要な材料であるチロシンやチロシナーゼもきちんと補給してあげる必要があります。

ストレスを溜め過ぎていたり、生活リズムが崩れていると間接的にメラノサイトにダメージを与えるので、白髪は生活習慣病ともいえるかもしれません。

見た目の問題もそうですが、体からの危険サインだと受け取るべきですね。

関連記事

30歳で白髪がいっぱいの男。その原因は?