10月2日は豆腐の日 豆腐は健康にいいのだ!

豆腐食べてますかー?

10月2日は豆腐の日です!

正直言って、私は豆腐があまり得意ではありません。味がしないから。

鍋に入ってるやつはまぁ流れで食べれますけど、冷ややっこは苦手。

最近、冷ややっこに再チャレンジしてみましたけど、ごまとネギと醤油でなんとか誤魔化しながら完食したが、だいぶきつい。(その後ちょっと気持ち悪くなったレベル)

 

でも、豆腐は健康にいいのはわかっているんです。

特に自分は体が弱い(?)ので、なんとか習慣的に豆腐を食べるようにしたいなと思っています。

豆腐の日をきっかけに、豆腐をもっと食べれるように、豆腐のあれこれを調べてみましたので読んでください!

 

「豆腐の日」の由来は?

 

なぜ10月2日が豆腐の日なのか?

日本豆腐協会という組織があって、そこが定めたそうです。

由来は単純に語呂合わせで、

10(とう)+2(ふ)=豆腐(とうふ)

ということらしいです。

 

これに限ったことではないのですが、語呂合わせってけっこう無理やりな時ってないですか?

ふ=2?

これって、「ふたつ」の「ふ」のことなのでしょうか?

いまいち納得しない時があるんですよね!

 

ところで、色々調べていたら、10月2日以外にも「豆腐の日」が存在していました。

 

毎月の12日

 

これも豆腐の日だそうです。

制定したのは10月2日と同じ日本豆腐協会。

アピールをしたい気持ちは伝わってくるのですが、ちょっと欲張りすぎ?

どっちかにしぼったほうが良いのではないかな…

 

豆腐が健康にいいといわれる理由

 

豆腐は健康にいいというのは、よくわからないけどみんな知っていますよね?

私も、わかっているようなわかっていないような。

確かに見た目はすごい健康によさそう!余計なものが入ってなさそう!

でも実際のところ、よくわからない…

というわけで、どういう点で健康にいいのかを調べてみました。

 

豆腐は機能性食品

 

機能性食品、という言葉をご存知ですか?

コトバンクによると、

体の調子を整える機能があることを強調した食品

とのこと。

もっと詳しく知りたい方はコチラをクリックすればコトバンクにとびます。

 

ざっくりいえば、健康にいい食品のことですね!

健康の維持もそうですし、癌や高血圧、糖尿病の回復にも有効だとか。

豆腐の成分にもそれらの効果が認められているとのことです。

 

豆腐は大豆でできている

 

豆腐の原料は大豆のみです

大豆もなんとなく健康に良いイメージがありますよね?

豆はいいよ豆は! みたいな感じで。

 

では、大豆はなんで健康に良いといわれているのか?

それは、大豆の成分に理由があります。

大豆は「畑の肉」というあだ名があります。

お肉のように、大豆は良質なたんぱく質や脂質をいっぱい含んでいるからです。

 

豆腐はその大豆を砕いてみたり、温めてみたり、混ぜてみたりして作られます。

大豆から豆腐に移行している過程で、良い成分はほぼほぼそのまま豆腐に残ったままで、しかも悪い成分が取り除かれます。

大豆は消化によくないのですが、豆腐になると消化が良いのは、その悪い成分がなくなっているからです。

大豆の良いとこだけを残したのが豆腐、なイメージですね!

 

豆腐の健康効果

 

では具体的に、豆腐にどういう健康効果があるのかをまとめました。

効果 理由
成人病予防 コレステロールが少ない脂質を含んでいるため
高血圧対策 豆腐のたんぱく質(ペプチド)は血圧上昇を抑えるため
動脈硬化予防 レシチン(大豆に含まれる物質)は血流の流れをよくするため
ストレス防止 豆腐に多量のカルシウムが含まれているため
脳の老化とボケ予防 レシチンに脳の活性化に効果があるため
骨粗しょう症予防 大豆に含まれているイソフラボノイドが、女性ホルモンと似たような働きをして、カルシウムが溶けるのを防ぐため。

 

他にも色々ありますが、気になるものだけのせてみました。

私のような、あまり健康に気を使っていない男性が恐れている病気の予防に効果があるようです。

コレステロールをためまくってデブで、血の流れも悪くて高血圧で、カルシウムがたりなくて毎日イライラしてストレスためまくって、気づいたらボケていて、骨が弱っていて寝たきりのジジイになりたくなったら、

豆腐を食え!ということですね。

健康効果等については右のサイトにより詳しく書いてあります。⇒豆腐の栄養と健康

 

豆腐の食べ過ぎは健康に害

 

こんなに健康にいいのなら、ひたすら食べまくろうと思った人もいるかもしれません。

しかし、豆腐も食べ過ぎてはいけないです。

前記で説明したように、豆腐(大豆)は栄養素が高い食品です。

特にたんぱく質が多く含まれていて、豆腐ばっか食べていると栄養素のバランスが偏ってしまいます。

栄養バランスが崩れると様々な悪い症状が出るので要注意です。

 

極端な例ですが、毎日3食、他のおかずをほとんど食べないで豆腐だけ食べてたらダメ!

毎日の晩ごはんに意識的に豆腐を150グラム位食べるようにする!

 

そんなイメージで良いかと思います。

 

まとめ

 

豆腐の日そのものはただの語呂合わせでどうでもいい、特に深い理由はありませんでした。

しかし、豆腐は健康にいい食品であることがよくわかりました。

食べ過ぎてしまう(豆腐ばかり食べている)と栄養バランスが崩れてしまうので要注意ですが、毎日しっかり食べていれば様々な効果が期待できます。

コレステロールをためまくってデブで、血の流れも悪くて高血圧で、カルシウムがたりなくて毎日イライラしてストレスためまくって、気づいたらボケていて、骨が弱っていて寝たきりのジジイになりたくないので、

これからの食生活に意識的に豆腐を組みこみたいですね!

 

関連記事

10月1日は「メガネの日」 その由来と私のメガネ思い出

10月4日は投資の日 何に投資をしますか?

10月6日は役所改革の日 いつやるの?今でしょ!

10月5日はレジ袋ゼロデー レジ袋の問題点は何だ?

10月3日は交通戦争一日休戦の日 今日も安全運転で行こう!