3.11東日本大震災に思うこと

 

今年も3.11が過ぎ、テレビやSNSで東日本大震災が取り上げられたおかげで、私を含む多くの人が当時のことを思い出したと思います。

今日は東日本大震災について思うことをざっくばらんに話したいと思います。

目次つけたり構成を考えて書いたほうが良いのでしょうが、形を気にしすぎて結局何を話したかったのかがわからなくなりそうなので、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

 

2011年3月4日14時46分頃、私は東京にある会社の事務所にいました。上司がタバコを吸っているのに付き合い、なんでもない雑談をしていました。晴れた日だった。

そこで突然どこからだかサイレンのような音が聴こえてきて、聴いたことのない音でした。
私も上司も楽天家タイプだったので、何か大事があったとは思わず、どちらかといえば何か面白いことでも起きたのかな?位の軽い気持ちでした。

そこに激しい揺れがきました。本棚から書類が全部倒れてきて、今まで経験したことのない大きな地震がきた。

急いで外に出てみると、同じように建物から出てくる人たちがたくさんいました。大きな揺れだったけど、建物が倒壊するようなことはなかった。

この時点では、東京より西側に住んでいた人たちはまだ焦りはなかったと思います。「大きな地震だったねー」程度の。

しかし、そのあと事務所に戻り、テレビをつけてみると、東北がとんでもないことになっていた。

 

地震から3日後、私は東松島にいました。

信号機が倒れていた。車がいたるところでゴミのように転がっていた。津波が去ったあとの風景だった。

車の窓をあけると、思わずむせるような臭いがした。

防波堤に立って、海を見つめる人たちの姿が印象的だった。ドラマのワンシーンみたいだった。

私にできることは何もなく、ヤフー募金でいくらか寄付しただけだった。

その1週間後、私はまた宮城に行きました。今回は仕事関連で何かできることはないかと、現地調査という名目の出張だった。

調査も何も、海沿いはどこも廃墟みたいになっていた。仙台空港のまわりも泥だらけだった。

 

1か月後、仮設住宅に地デジのアンテナを建てる工事のため、また東松山に行きました。

「〇〇チャンネルも映るようにしてほしいわ」といった、いつもならちょっと面倒なおばさんの相手をするのは苦ではなかった。元気そうな人もいてよかった。

しかし、工事をしていた3時間の間、ずっとデカい石の上に座ってまったく動かなかったおばあちゃんもいました。ずっと海の方を見ているような気がした。

私には声をかける勇気はありませんでした。

 

 

私は幸いなことに、親族を亡くしたことがありません。小さい頃面倒を見てくれた祖父と祖母はまだ健在です。

その時がくるのがすごく怖い。できることなら自分が先に逝きたい。

3.11のたびに、自分にできることをやろうという気持ちになります。自分のまわりにいる人たちが少しでも幸せになれたらいいなと。

しかし間違いを犯すこともあるし、面倒になって顔を見せない時期もありました。

日々之新。過ぎたことはもう仕方ないので、今日からできることを頑張ろうと思う。

 

私は3.11の部外者です。被害を受けていません。でも他人事なんだけど他人事のような気がしない。

私には金も地位も力もないので、たくさんの人を幸せにすることはできません。しかし、自分にできる小さなことをやっていこうと思う。

 

関連記事

プロフィール

自転車で関東地方を制覇!中学3年の時に無茶をした話