野球場の収容人数ランキング(プロ野球)一番お客さんが入るのは?!

球場の収容人数

 

プロ野球で使用されている野球場はそれぞれ広さが違います。

外野やファールゾーンの広さもそうですが、お客さんが入るスペースも球場によって大きな差があります。

このページでは各球場の収容人数をランキング順にご紹介します。
セリーグとパリーグの各本拠地球場はもちろんのこと、年に数回公式戦が開催される地方球場もご紹介していきます。

※毎年球場の改築が行われていますので、数十人~数百人の誤差が出る場合があります。

 

関連記事(別窓で開きます)

観客動員数と観客動員率が比例しないのは球場収容人数の差によるもの。

 

セリーグ球場の収容人数ランキング

 

まずはセリーグの収容人数ランキングをご紹介します。

セリーグの球場といえば、ナゴヤドームや甲子園球場が広いイメージがありますね。

逆に神宮球場や東京ドームはホームランが出やすいことで有名です。

 

収容人数 球場名 使用球団
47,508人 甲子園球場 阪神タイガース
46,000人 東京ドーム 読売ジャイアンツ
36,650人 ナゴヤドーム 中日ドラゴンズ
33,000人 マツダスタジアム 広島カープ
31,805人 神宮球場 ヤクルトスワローズ
30,000人 横浜スタジアム 横浜ベイスターズ

 

立見席などで多少の前後はあると思いますが、各公式ホームページに掲載されている定員数です。

一番多い甲子園球場と一番少ない横浜スタジアムでなんと1万7千人も違うんですね。

 

パリーグ球場の収容人数ランキング

 

次はパリーグ球場の収容人数を見ていきましょう。

 

収容人数 球場名 使用球団
42,270人 札幌ドーム 日本ハムファイターズ
38,530人 福岡ドーム ソフトバンクホークス
36,154人 大阪ドーム オリックスバファローズ
35,000人 ほっともっと神戸 オリックスバファローズ
33,556人 西武ドーム 西武ライオンズ
30,508人 パーク宮城 楽天ゴールデンイーグルス
30,119人 千葉マリンスタジアム ロッテマリーンズ

 

オリックスはダブル本拠地なので2球場の数字をのせました。また、球場の愛称や協賛企業の冠は省略しています。

近年はパリーグの観客動員数の増加に平行して、収容人数を増やしているのは楽天の本拠地であるパーク宮城(宮城球場)。
楽天が参入した2005年の収容人数は23,451人でしたが、現在は3万人越えと、約7000人程度増えています。

 

地方球場の収容人数

 

各プロ野球チームの本拠地球場だけでなく、年に数回ある地方開催で使用される球場の収容人数についても調べてみました。

 

収容人数 球場名 愛称・備考
30,000人 松山中央公園野球場 坊っちゃんスタジアム
25,000人 秋田県立野球場 こまちスタジアム
30,000人 いわきグリーンスタジアム
30,000人 富山市民球場アルペンスタジアム
30,000人 那覇市営奥武山野球場 沖縄セルラースタジアム那覇
20,500人 埼玉県営大宮公園野球場 西武ライオンズの準本拠地
28,691人 新潟県立鳥屋野潟公園野球場 ハードオフエコスタジアム新潟
18,760人 北九州市民球場  ホークスの準本拠地
30,000人 長野オリンピックスタジアム
25,000人 花咲スポーツ公園硬式野球場 旭川スタルヒン球場
20,000人 函館市千代台公園野球場 オーシャンスタジアム
14,000人 米子市民球場 どらドラパーク米子市民球場

 

プロ野球の試合を開催する位なので、2万人~3万人程度は収容できる球場ばかりです。

また、各チームとゆかりが深い地域が地方開催地として選ばれていますね。

ヤクルトでいえば秋のキャンプ地である松山、西武は同じ埼玉県にある大宮、広島は米子、ソフトバンクホークスは北九州など。

 

 

関連記事

ランキングクイズ プロ野球通算記録 打者編

好きなスポーツランキング

好きなスポーツランキング 性別によって違いも!

スポーツをする人

競技人口が少ないスポーツランキング(日本)

プロ野球観客動員数

プロ野球観客動員数ランキングと観客動員率ランキング

スポーツ

スポーツ競技人口ランキング日本&世界 

ランキングクイズ プロ野球通算記録 投手編