ノートパソコンのキーボードについた手垢を掃除する方法

 

ノートパソコンのキーボード、手垢で汚れていませんか?

最近副業でライターを始めたため、パソコンのキーボードでカタカタやっている時間が増えました。

そして気づいたら…

見えますか?「U」とか「J」あたりが汚れています。そう、手垢です( ;∀;)

道具を大事にしない人は大成できないと偉い人たちがよく言いますので、キーボードについた手垢をきれいにする方法について書きました。

 

キーボードについた手垢を落とす方法

 

どこまでマジで(真剣に)やるかは人によると思いますが、私とにかく簡単に落とせればOKと思っています。

その方法とは、

そう、ウェットティッシュで拭きます!

キーボードを掃除する時、一番怖いのは壊さないか?だと思いますが、ウェットティッシュ程度の濡れ具合なら大丈夫。

ついでに除菌もできるので一石二鳥です。

意外と安いので家に常備していない方はぜひ試してみてください。

ちょっと擦るだけで手垢は落ちます。一回の掃除に1分もかかりません。

 

 

家近くのホームセンターで値段を確認してみたところ、ネットのほうが若干安かったです。

アルコールの匂いが苦手な方には、ノンアルコールタイプもあります。

 

タバコを吸う方なら、少し高くなるけどタバコのヤニも取れるタイプのウェットティッシュがおススメ。

 

ウェットティッシュを常備するのが面倒な人は、普通のティッシュを水でぬらして、それで拭くという手もあります。

私もずっと昔はそうやって掃除したこともあったのですが、濡れ加減の調整が面倒なのと、ティッシュが破れてしまってキーボードの下に入りそうになったことがあるので、あまりおススメできません。

 

もし汚れがひどくて、ウェットティッシュで拭いても落ちないようなら、普通にティッシュにエタノールをつけて拭いてみると良いです。汚れがよく落ちます。

しかしエタノールは引火しやすいので、タバコを吸いながらの掃除は危険なので気をつけてください。

【第3類医薬品】消毒用エタノールIP「ケンエー」(スプレー式) 500mL

 

キーボードの下を掃除する方法

 

目には見えませんが、キーボードの下にホコリがたまっている場合があります。

キーを全部外して掃除をする強者もいるみたいですが、万が一戻せなくなった時のことを考えると試す気になりませんね。

そこでおススメなのが、エアダスターを吹きかけてホコリを掃除する方法です。

エアダスターとは、先端についてるノズルから空気を噴射してホコリを飛ばす道具です。

キーの間(隙間)を狙って噴射するだけで簡単です。

キーボードの裏を掃除したことがない場合は、びっくりするほどホコリが出てくると思います!

サンワサプライ エアダスター(逆さ使用OKエコタイプ) CD-31ECO

上のエアダスターは用途にノートパソコンも含まれているので安心です。

 

キーボードに手垢をつけない方法

 

そもそもな話として、汚れなければ掃除をしなくて済むじゃん?

と思い当たりましたので、どうしたら手垢をつけなくて済むかについて調べてみました。

 

手垢は汚れだと思いがちですが、実はちょっと違うのです。

ざっくりいえば、「垢」というのは古い皮膚(ひふ)です。

手の皮膚が古くなって、呼吸しなくなった一番表面の細胞がどんどん剥がれ落ちて、手垢となります。

いわば正常なことなので、手垢を出さないのは無理のようです。

なので、どうしても手垢は出る=キーボードは汚れる、ということになりますね。

いっそのこと、薄い手袋をつけるというのもアリかもしれませんが面倒ですね。やはりこまめに掃除をするしかないようです。

 

まとめ キーボードはこまめに掃除しましょう!

 

キーボードの掃除について簡単に紹介しました。

汚れは溜めれば溜めるほど頑になって落としづらくなるので、こまめに掃除しましょう!

キーボードを頻繁に掃除しないといけない位、ライターの仕事があると嬉しいのでぜひお声掛けください(^^)/

関連記事

ヤフーメールをスマホではやく確認する方法