リステリンホワイトニングの使い方や効果、注意点まとめ

 

マウスウォッシュ「リステリンシリーズ」から新商品の「リステリンホワイトニング」が発売されました。

リステリンホワイトニングは他国では昔から発売されていましたが、日本では入手することができず、わざわざ外国から購入していた日本人もいるほどのヒット商品です。

私は去年からリステリントータルケアの愛好者になりましたが、ずっと歯のホワイトニングにも気を使っていましたので、さっそくリステリンホワイトニングを使ってみました。

この記事ではリステリンホワイトニングの使い方や効果についての感想、その他の注意点や疑問についてまとめました。

いくつか公式HPやネットで調べてもわからないことがありましたので、リステリンのお客様相談室に問い合わせて、詳しく教えて頂きました。
丁寧に対応して頂き、ありがとうございました!

リステリントータルケアなど、他のリステリンについては「リステリンの使い方 効果や危険性・副作用等まとめ」をお読みください。

 

リステリンホワイトニングの使い方

 

リステリンホワイトニングはマウスウォッシュです。

使用手順はこちら

  1. 液体を口の中で1分間含んで、液体を吐き出します。
  2. 何もつけていないブラシで歯みがきをします。

以上で終わりです。通常のマウスウォッシュと同じ流れです。

 

注意点としては、リステリン各種は20秒程度口の中に含みますが、ホワイトニングは1分間と長めです。
そして、リステリン各種は口の中ですすぎますが、ホワイトニングは口の中にふくむだけです。つい勢いですすぎたくなりますけど、グッと我慢しましょう。

また、ブラッシングする時は歯磨き粉をつける必要はありません。

 

 

 

他のリステリンとの併用はOK

 

私のように、他のリステリンを継続して使っている方も多いかと思います。

その場合、併用できるのか? 同じタイミングで使っていいのか? が気になりますよね。

調べてもわからなかったので、リステリンのお客様相談室に聞いてみました。

その答えは、

  • 他のリステリンと併用は問題なし
  • 同じタイミングで使っても大丈夫

 

一つ注意点としては、後に使ったほうの効果が長持ちする、とのことでした。

ホワイトニングは歯を白くする働きだけですが、トータルケアは歯周病予防や歯垢除去などの働きがあります。

どちらの効果を優先したいかによって、使う順番を変えると良いです。

歯を白くしたいなら後にホワイトニング、歯垢除去をしたいのなら後にトータルケア。

先に使用したほうの効果がなくなるというわけではなく、あくまでより持続性があるのは後に使用したほう、ということでした。

 

リステリンホワイトニングを使用する時、通常の歯磨きは?

 

リステリンホワイトニングは、ホワイトニングの効果に特化された商品です。

そのため、通常の歯磨き粉(もしくはマウスウォッシュ)を使用した歯磨きは必要です。

 

少し話が逸れますが、リステリントータルケアを使用している時は、歯磨き粉を使った歯磨きはしなくても良い、とリステリンのお客様相談室に教えて頂きました。

両方したほうがより良いが、リステリントータルケアだけでも十分に歯のケアができるとのこと。

 

リステリンホワイトニングは1日2回がおススメ

リステリンホワイトニングは1日2回

 

リステリンホワイトニングの説明を見ると、使用回数は1日2回がおススメとなっています。

では、1日3回か4回使用しても意味はないのか?について確認してみました。

下でも触れますが、リステリンホワイトニングは汚れを落とすほかに、歯に汚れが付きにくくなる効能があります。

もし汚れ防止を重視したいのであれば、1日3回しても良いとのこと。回数が多いからといって歯に害があるというわけではないようです。

 

 

リステリンホワイトニングの効果

リステリンホワイトニングの効果

リステリンホワイトニングは、「歯を白くする」という点に特化された商品です。

ステインとは、着色汚れのこと。

 

リステリンホワイトニングには2つの働きがあり、

  1. 歯に着いている汚れを浮かせて、ブラッシングして落とす
  2. 歯の表面をコーディングして、汚れが付きにくくする

 

既に歯についた汚れを落とすだけではなく、汚れが付きにくくなる効果もあります。

落とすほうにイメージがいきがちですが、汚れが付かないようにするのも大事ですね。

 

リステリンホワイトニングの効果は2つ
リステリン公式HPより画像引用

 

効果はどの位?2週間使用しての感想

 

リステリンホワイトニングのキャッチフレーズで、「まずは2週間試してみて」とありましたので、2週間使ってみた個人的感想をお伝えします。

ちょっと白くなったかな?

歯がピカピカや!というほどの衝撃もなければ、全然変わんないじゃんという期待外れでもありません。

多少の実感はあるので、もっと長く続けて使用した時の効果に期待しています。

歯医者でホワイトニングをしようとしたら何万円とかかるし、ホワイトニング系の薬品もそこそこ高いです。

そう考えると1000円もしないリステリンホワイトニングに即効性を求めすぎても可笑しい話になっちゃいますね。

当分は継続して使ってみて、定期的に結果を報告したいと思います。

 

リステリンホワイトニングの口コミ評価は?

 

私の感想だけをお伝えしてもアレなので、リステリンホワイトニングの口コミを拾ってきました。

アマゾンのレビューでは星5つ中3.7です(2018/4/27時点)


気になる効果ですが、コーヒーが大好きな私の歯は約1ヶ月経った今は綺麗な白になりました。
使用して1日目の朝は口の粘り気がなくさわやかで口臭も感じられませんでした。
3日目あたりになると「あれ?は白くなってる!」と感じられました。

 


効いているのかどうなのか歯の色が均一的では無くなった感じなのですがきれいな歯の状況とは言いづらいです。
もうちょい試してみます。

 


歯が白くはなりませんでした。高価格なので損をした。

 


ホワイトニングに関して即時に漂白する成分では無く、
汚れを除去し、コーテイングするとの説明ですので、使い続け効果を期待しております。

 

発売されてからまだ時間が経っていないこともあってか、効果についての口コミは少な目でした。

さっそく効果でた方、まったく意味ないと感じた方、継続して様子を見る方、さまざまでした。

外国ではロングセラー商品なので、私も実績を信じて継続してみます。

 

リステリンホワイトニングは研磨剤無配合

研磨剤無配合

 

リステリンホワイトニングは研磨剤無配合なのが大きなポイント。

ホワイトニング系の商品には研磨剤入りのものが多く、研磨剤は歯の表面に傷をつける恐れがあります。

歯の表面に傷がつくと汚れが付着しやすくなるので、長期間で見た場合むしろ逆効果になります。

 

 

リステリンホワイトニングの刺激は?

 

リステリンシリーズは刺激が強いことで有名です。

そのため、相性が悪くて使わない人も多い商品です。

私も最初にリステリントータルケアゼロを使った時は刺激がきつかったですが、何回かで慣れました。

リステリントータルケアゼロと比べるとリステリンホワイトニングの刺激は弱めだと思います。

しかし、うまく言い表せないのですが、違ったジャンルの刺激というか、トータルケアは大丈夫だけどホワイトニングのほうはダメという人もいるだろうな、と感じる味です。

実際に私もホワイトニングのほうが苦手です。

また、リステリントータルケアと同じように、使用したあとしばらくの間味覚がありません。

もし試すのであれば、最初は小さいサイズ(500ml)のほうが無難です。私は1000mlのを買いましたが(笑)

 

 

 

リステリンホワイトニングの味が合わない方には「ゴッソトリノ」がおススメです。

私が外出先でよく使っているマウスウォッシュで、嫌な味はなく使いやすいです。

ホワイトニングだけでなく、口臭対策にも有効です。

ゴットトリノの詳細ページはこちら⇒口臭対策に!汚れが見える新感覚マウスウォッシュ【ゴッソトリノ】

 

リステリンホワイトニングの値段はどこが安い?

 

リステリンホワイトニングを買う時、どこが安いのか。

私が購入したドラッグストア・マツキヨでは1000mlが税込1077円でした。

他のドラッグストアはどうかなと思い、何軒か回ってみたのですが誤差は〇円単位で、ほぼほぼ同じでした。

それならネットはどうかなと調べてみたら、アマゾンでも1000mlが税込1077円でした。

お互い値段設定で意識しているみたいですね。

ただしアマゾンはおまけでリステリントータルケアのお試しボトルがついてくるので、リステリントータルケアを使っている、試してみたい方にとってはお得ですね。(おまけは記事作成時の情報です)

 

 

 

まとめ リステリンホワイトニングの注意点

 

リステリンホワイトニングについて一通り紹介しました。

一番大事な「効果はあるのか?」については、もう少し時間が経たないと何とも言えませんね。

 

では、もう一度リステリンホワイトニングの注意点について確認しておきましょう。

リステリンホワイトニングの注意点

  • リステリンホワイトニングの効果はホワイトニングのみなので、歯磨き粉(もしくマウスウォッシュ)を使った歯のケアが必要
  • リステリンシリーズと同じく刺激はそこそこ強い
  • 他のリステリンと併用できる
  • おススメは1日2回だが、汚れの付着予防を重視するなら3回でも4回でもOK
  • 研磨剤無配合なので歯の表面を傷つける心配は少ない

 

現時点でリステリンホワイトニングについての情報と個人的な感想をお伝えしました。

新しい発見がありましたら随時更新していきます。

 

関連記事

リステリンシリーズについて書いた記事です。他のリステリンに興味がありましたら合わせてお読みください。

本記事の中で使われている画像はリステリン公式HPから引用しています。

関連記事

リステリントータルケアの効果

リステリントータルケアの効果はどれほど?1年間使い続けた感想

リステリントータルケアで予防できるお口の病気まとめ

口内炎は舌の側面にできるやつが一番痛い!痛みを早く止める方法

リステリントータルケア(紫)に副作用?刺激が強すぎるため危険?

リステリンの使い方 効果や危険性・副作用等まとめ

リステリントータルケアゼロ

リステリントータルケアゼロの使い方を簡単に紹介(画像付き)