めんたいパーク大洗で見学とお土産購入!試食もあるよ!

めんたいパーク大洗の外観

 

先日、茨城県大洗にある「めんたいパーク大洗」に行ってきました。

ドライブしながら海鮮丼を食べに行くついでだったのですが、それなりに面白かったので詳しくご紹介します。

 

めんたいパーク大洗とは??

からし明太子の製造・販売で有名な「かねふく」が運営する明太子のテーマパーク。

明太子工場の見学、できたて明太子の購入ができます。

 

めんたいパーク大洗の3つのポイント

  1. 明太子工場の見学ができる
  2. できたての明太子を買うことができる
  3. 明太子を使った料理を食べれる

 

では、詳しくご紹介します!

 

明太子工場の見学は無料!

 

めんたいパーク大洗の売りである明太子工場の見学についてご紹介します。

 

めんたいパーク大洗の工場見学詳細

  • 見学できる時間帯:9時~16時半
  • 入場料金:無料

 

めんたいパーク大洗の営業時間は9時~18時ですが、工場見学は16時半までになっています。また、日曜・祝日の11時半~12時半は稼働停止しています。

入場料金はなんと無料!手軽に行けるのが良いですね。めんたいパーク大洗自体も入場無料です。一切お金がかからないテーマパークです。

 

工場見学の流れ

 

めんたいパーク大洗に入場すると、右奥のほうに工場見学の入口があります。

工場見学入口

めんたいパークは広くないので、中に入ればすぐ気づくと思います。

右側の入口から見学スタートです。

一本道を20メートルほど歩くと、ちょっとした広場に出ます。

そこからガラス越しに工場の中を覗くことができます。

明太子工場の中 明太子工場の中の左側

工場の中で従業員のおばさまたちが明太子を切ったり計ったり分別したりと、商品化しています。

正直に言うとそんなに面白くもないです(笑)

 

工場見学の広場にはミニゲームができる機械が設置されていて、カップルでも子供でも盛り上がると思います。(長時間占領してしまってすみませんでしたm(_ _”m))

ミニゲーム

複数台あるので、多少混雑していてもすぐに遊べます。

 

工場をしばらく眺めたら順路を進んでいきます。

明太子の料理

 

壁に明太子を使った料理レシピが紹介されています。料理をされる方には参考になると思います。

 

出口の手前には有名人のサインが掲示されています。

有名人のサイン

テーマパーク内のいたるところで氷川きよしさんを見かけます。

最近売り出し中の地元芸人「カミナリ」さんのサインがまだないですね。はやくロケに行かないと!

 

以上で工場見学は終わりです。ミニゲームの時間を入れても30分もかからないです。

 

できたての明太子を買うならめんたいパーク!

 

おそらく工場見学よりも明太子のお土産が目的の人が多いと思います。

めんたいパーク大洗の中

めんたいパークの中は約半分の面積を明太子売場が占めています。

普通のからし明太子はもちろん、明太子を使った加工品がたくさん販売されています。明太子好きにはたまらないですね。

明太子のお土産コーナー

私はあまり明太子を買わないので、どの位安いのかはわかりませんが、すごい量の明太子を買っていく人が多数。

 

試食コーナーもあります。

明太子の試食コーナー

赤い屋台が試食コーナーです。従業員の方がぶつ切りの明太子を山盛りにして、飢えた獣たちを待ち構えています。

ちょうど観光バスが3台きたばかりで、試食コーナーには30人以上並んでいました。人が多すぎて園内フィーバー状態です。もはやディズニー?

 

お土産を選んだらレジに向かいます。レジはお土産売場にはなく、ユニクロみたいに壁側に並んでいます。

レジでは、遠くからきた人も持って帰れるように、保冷剤やアルミ袋が用意されています。

アルミ袋

 

アルミ袋と保冷剤は無料ではないので、絶対にお土産を買うと決めている方は持参するとちょっと節約できます。

 

アルミ袋の見本

 

小サイズのアルミ袋でもけっこう入ります。サイズに迷ったらレジの方に聞いてみてくださいね。

 

私もお土産にノーマルのからし明太子を買って帰りましたが、本当に美味しくて、3日連続で白いご飯に明太子をのっけて食べています(笑)

かねふくの明太子はネットでも安く買えますので、現地に行けない方は確認してみてください。

 

 

明太子の保存方法

 

小サイズのからし明太子でも1パックの7つ入っているので、一回では食べきれないかもしれません。

その場合は食べる量だけ取り出して冷蔵庫で保管して、残った分は凍ったまま冷凍保存しちゃいましょう。

解凍した明太子を再冷凍すると、つぶつぶ感がなくなるのでおススメしません。食べる量だけこまめに解凍しましょう。

明太子の保存方法

 

明太子料理を食べれるフードコートも!

 

めんたいパーク内に、明太子を使った料理を提供しているフードコートがあります。

 

明太子フードコート

おにぎりがメインですが、変わり種で明太肉まん、明太ソフトクリームなどがあります。

おじいさんが美味い美味いと言いながらソフトクリームを食べていたので、たぶん美味いです。

私は食べていません(笑)

 

めんたいパーク大洗へのアクセス

 

電車で行く場合

大洗鹿島線「大洗駅」から徒歩で20分、タクシーで2分ほどで行けます。

 

自動車で行く場合

東関東自動車道「水戸・大洗IC」から約15分。渋滞があるような場所ではないので、だいたい時間通りに行けると思います。

ちなみに、常磐道三郷ジャンクションからは約1時間ちょっとで行けます。都内から行かれる方のご参考までに。江戸川区や千葉県南部からであれば、東関東自動車道→鹿島や鉾田を通る一般道(51号線、渋滞なし)からのほうが速いかもしれません。

常磐道の下りはほとんど渋滞しないので、ドライブにも最適です。夕方の帰りはそこそこ混みますが…。

大洗までのルート

 

駐車場は広々120台、運転に慣れていない方でも駐車しやすいです。日曜日の12時頃でも空きがたくさんあったので、満車の心配はたぶん要りません。

 

めんたいパークの公式サイトによると、2011年以前のカーナビでは登録されていない可能性があるそうで、電話番号は「029-267-5111」、施設名称は「大洗文化センター」で検索すれば良いとのことです。

 

さいごに

 

めんたいパーク大洗についてご紹介しました。

お土産を買う時間を合わせても1時間あれば足りる程度の観光スポットです。

めんたいパークは大洗のほかに、愛知県常滑市と神戸市、大阪市にもありますので、興味があったらぜひ行ってみてくださいね。

 

正直そんなに面白いテーマパークでもないのですが、無料なので行って損はないと思います。むしろテーマパークというより、かねふくの明太子直売店といったほうが正解かもしれません。

 

めんたいパーク大洗のすぐ近くに大洗漁港があり、そこに美味しい海鮮丼を食べれるお店がたくさんあります。

海鮮丼ドライブのついでにめんたいパーク大洗に寄ってみるのも良いと思います。

 

関連記事

東武ワールドスクウェアのイルミネーション

東武ワールドスクウェアに行くならイルミネーション割引がおススメ!

しながわ水族館(品川駅じゃないほう)の魅力をご紹介!みんなに行ってほしいよ!

東京ドイツ村ライトアップ開始!ドイツ村の魅力をご紹介!

黒部ダムのトロリーバスが廃止!黒部ダム日帰り観光のおススメ

スバルラインで富士山五合目に行ってきたよ!注意点やアクセスを紹介

館山城・城山公園 里見氏ゆかりの地に行ってきました