プロ野球観客動員数ランキングと観客動員率ランキング

プロ野球観客動員数

 

前日開幕して、さっそく盛り上がりを見せている2018年の日本プロ野球。

今日はプロ野球のチーム別観客動員数と観客動員率についてご紹介します。

オリンピック効果もあって、さまざまなスポーツのニュースが目に入ることが多くなっていますが、日本で人気争いをしているのはやはり野球とサッカー。

実は、プロ野球の観客動員数は年々増加しています。野球好きとしては嬉しいニュースですね。

ではさっそく、プロ野球のチーム別観客動員数と観客動員率を見ていきましょう。

データは2017年の最新版。日本プロ野球機構より引用しています。

 

プロ野球観客動員数ランキング

 

まずは観客動員数から。

2017年シーズンのデータです。

セントラルリーグ

球団 入場者数(万人) 1試合平均(人) 前年比(%)
阪神 303.4 42148 +4.3
巨人 295.8 41675 -1.5
広島 217.7 30670 +0.9
中日 201.0 27927 -2.3
横浜 197.9 27880 +2.1
ヤクルト 186.2 25871 +4.7

 

ペナントレースで順位をおとした巨人と中日は前年比でマイナス。96敗という史上稀みる惨敗を喫したヤクルトはなぜか大幅のプラスとなりました。
ヤクルトはアウェーファンのおかげで存続しているチームなので、ヤクルト自身の成績はあまり関係ないのかもしれません。

12球団1位の観客動員数が巨人ではなく阪神であると、知らなかった人も多いのではないでしょうか?

セリーグ全体では観客動員数が14,024,019人、前年比+1.3%。

 

パシフィックリーグ 

球団 入場者数(万人) 1試合平均(人) 前年比(%)
ソフトバンク 252.6 35094 -0.1
日本ハム 208.6 28978 -1.0
楽天 177.0 24931 +10.7
西武 167.3 23239 +2.0
オリックス 160.8 22658 -9.1
ロッテ 145.0 20425 -3.7

 

楽天の大幅増加(球団新記録)とオリックスの大幅減少が目立つパリーグ。
ファンが熱いことで有名なロッテも12球団で3番目の減少率。

セリーグの最下位ヤクルトをパリーグで比べると3位に入ってしまうのは、集客力が強い巨人・阪神・広島などのおかげなのでしょう。

西武も地味ながら球団新記録の集客数です。(実数発表となった2005年以降で)
首都圏とはいえ、西武ドームは交通の便が悪すぎますよね。

パリーグ全体では観客動員数が11,115,444人。前年比-0.2%と微減。

 

若い世代では知らない人も多いかもしれませんが、2005年より前の観客動員数はほぼデタラメです。

東京ドームの発表でいえば基本満員が当たり前。
どうみても何百人しかいないパリーグの消化試合でも発表は5千人など、水増しが当たり前でした。

今思いなおしても謎なシステムでしたが、2005年以降は実数発表になりました。

ちなみに、プロ野球は年間143試合と奇数なので、年によって本拠地開催が71試合か72試合です。
それによって観客動員数が数万人単位で前後します。

 

プロ野球観客動員率ランキング

 

次は観客動員率ランキングを見てみましょう。

観客動員率とは、1試合で球場の席数に対しての入場者数です。

プロ野球の試合が行われる球場はそれぞれ席数が違うため、同じ満員御礼でも観客数が違います。

12球団の観客動員率を1位から並べてみました。参考に観客動員数も。

順位 球団 観客動員率(%) 観客動員数(万人)
1位 巨人 95.0 295.8
2位 広島 94.3 217.7
3位 横浜 92.8 197.9
4位 ソフトバンク 92.4 252.6
5位 阪神 91.9 303.4
6位 楽天 82.4 177.0
7位 ヤクルト 82.1 186.2
8位  中日 76.4 201.0
9位  日本ハム 73.3 208.6
10位  西武 70.9 167.3
11位  ロッテ 67.8 145.0
12位  オリックス 63.1 160.8

参考サイト:http://number.bunshun.jp/articles/-/829758?page=2

観客動員数で1位だった阪神は、観客動員率では5位
原因は球場のキャバにあります。

阪神がホームとしている甲子園球場は収容人数が47,508人。
それに対して横浜の本拠地である横浜スタジアムは30,000人と、なんと17,508人も違います。

観客動員率で9割を超えているチームは、満員に近い試合が多く、ほとんど伸びしろがないともいえます。

逆に、広いキャバを持つ日本ハム(札幌ドーム)やオリックス(京セラドーム)、中日(名古屋ドーム)などは、もっとお客さんを呼べる可能性を持っています。
もちろん地方にあるチームには人口という問題がありますが。

東京のど真ん中にあるヤクルトの本拠地・神宮球場はまだまだ余裕がありますので、ぜひヤクルトファンで埋めてほしいですね( ;∀;)

そういえば日本ハムは新球場を作ることが確定しましたが、どの位のキャバを持つ球場を作るのかが楽しみですね。

 

関連記事

球場の収容人数

野球場の収容人数ランキング(プロ野球)一番お客さんが入るのは?!

ランキングクイズ プロ野球通算記録 打者編

プロ野球

プロ野球(NPB)人気球団ランキング2017 人気の変動は?!

スポーツをする人

競技人口が少ないスポーツランキング(日本)

好きなスポーツランキング

好きなスポーツランキング 性別によって違いも!

スポーツ

スポーツ競技人口ランキング日本&世界