おみくじの処分方法 手軽なやり方からきちんとした方法まで

 

おみくじの処分方法に困ったことはありませんか?このページでは、罰が当たらないおみくじの処分方法を紹介します。

 

神社やお寺に行くと、とりあえず引いておきたいおみくじ。ちなみに漢字で書くと「御神籤」。書けませんね(笑)

信仰上良いのか悪いのかよくわかりませんが、私は神社やお寺に行くたびにおみくじを引いています。大吉や吉だと財布にいれて保管をしていたのですが、気づいたらいっぱい溜まってる時があります。

財布の中を整理したら4枚入ってました。

 

さすがにいつまでも財布の中に置いとくわけにもいかないので、処分しようと考えるわけですが、物が物だけにゴミ箱に捨てるわけにもいきませんよね。

そこで、持ち帰ったおみくじの扱いについて調べてみましたので、同じように困っている方はどうぞ参考にしてみてください。

 

おみくじの処分方法

 

タイトルにおみくじの処分なんて書いてしまいましたが、そもそもなんとなく神聖そうなものに「処分」という単語を使ってはまずい気がしますよね。

そこで色々調べてみたところ、「処分」はNGで、「納める」もしくは「返納する」と言うそうです。

処分なんて言っちゃダメですよ!「納める」です。

おみくじの処分(納める)方法は2つありますので順番にご紹介します。

 

おみくじを寺社(神社とお寺)に納める

 

処分したい(納めたい)おみくじは、おみくじを頂いた寺社にお返しすれば良いのです。冷静になれば思いつきそうなものですが、まったく考えもしなかったです。

寺社には「お焚き上げ」と書かれた専用の箱が境内(寺社の敷地内)に置かれています。その中に納めれば良いです。むき出しではなく、半紙やティッシュに包んで入れます。

 おみくじを寺社に郵送する 事前に確認の連絡を

 

観光などで、遠方にある寺社でおみくじを引くことは多々あると思います。私(関東在住)なんか厳島神社に太宰府天満宮って…しばらく行けません(^^;

その場合は、寺社に郵送して納めることが可能です。郵送でもお焚き上げをして頂ける寺社が多いようです。

ただし郵送は対応できない寺社もあるみたいなので、郵送する前に電話で確認してみてください。

 

また、おみくじを頂いた寺社ではなく、違う寺社に納めるのも大丈夫です。

気を付けなければならないのは、お寺で引いたおみくじはお寺へ、神社で引いたおみくじは神社へ納めてください。

例えば、厳島神社で引いたおみくじを浅草に納めてはいけません。

 

おみくじを自宅で処分する

おみくじ(大吉)

 

寺社に納める以外に、自宅で処分する方法もあります。

丸めてポイ!なんてしたら罰が当たる気しかしないのでやめてください。

 

正しい方法としては、和紙におみくじと塩を包んで感謝の気持ちをこめて捨てれば良いそうです。和紙がなければビニール袋で代用しても大丈夫だそうです。

 

おみくじを処分するタイミング

 

おみくじはどのタイミングで納めるか悩みますね。私のように、ほっといたら複数枚持っている方も多いかと思います。

おみくじを納めるタイミングは、一般的にはおおよそ1年とされています。お守りなども同様で、1年くらいを目安に新しいものに交換します。

 

大事なのは感謝の気持ち

 

信仰の決まりごとは色々と複雑ですが、原点に返れば「感謝の気持ち」です。

おみくじはお守りと同様な役目を果たすとされています。「守ってくれてありがとう」の気持ちを持って対処すれば良いことです。

話が逸れてしまいますが、今日も周りに感謝しながら元気に生きましょう。

 

おみくじの保管方法については下の記事に書きました。

⇒「おみくじの保管方法

 

関連記事

エアコンのドライと冷房の使い分け方

店頭の呼び込みでのコツとベストなタイミングについて。お客さんに敬遠されてしまう逆...

一級河川とは?定義は規模ではない?

総菜と惣菜の違いは? 理由が判明しました!

きょう

テレビで「きょう」がひらがなで表示される理由

選挙カーの時間帯やその他について