おみくじの保管方法

おみくじ

 

寺社で頂いたおみくじの保管期間はおおよそ1年が目安とされています。ではその間、おみくじをどうやって保管すれば良いのかご存知ですか?

持ち帰ったおみくじの保管方法についてまとめましたので、おみくじの保管について悩んでいる方は参考にしてください。

おみくじの処分については「おみくじの処分方法 手軽なやり方からきちんとした方法まで」の記事をお読みください。

 

おみくじを持ち歩く

 

「おみくじは財布の中にいれておけば良いよ」と教わった人も多いと思います。そのように、財布などに入れて、身につけて持ち歩いても良いとされています。お守りの代わりにもなります。

複数異なる寺社のおまもりを財布に入れて持ち歩くのはどうなのかと気になって、色々調べてみたのですが、解釈をそれぞれあって統一されていないみたいです。どこまでおみくじというものを重く見るかどうかでしょうか。

浮気者みたいで神様もいい気にならない気がしますが、神様はそんなに心が狭くないようにも思えます。

 

おみくじを自宅で保管する 神棚か目線より高い場所に

 

おみくじを自宅で保管する場合は、神棚に置いておくのが良いとされています。

神棚…たぶん自宅にない方も多いと思います。その場合は目線より高い棚でも良いそうです。

一人暮らしの方ですと、自宅で保管するよりも財布などに入れて持ち歩いたほうが簡単ですね。

関連記事

エスカレーターの立ち位置

エスカレーターの立ち位置は右?左?

エアコンのドライと冷房の使い分け方

選挙カーの時間帯やその他について

一級河川とは?定義は規模ではない?

店頭の呼び込みでのコツとベストなタイミングについて。お客さんに敬遠されてしまう逆...

きょう

テレビで「きょう」がひらがなで表示される理由