[プロスピA] ピッチングのコツまとめ

ピッチング

 

スマホゲーム「プロ野球スピリッツA」、プロスピAのピッチングについてまとめました。

なかなか思うように抑えられない方向けに、できるだけ細かく書きましたので、興味のある方はどうぞ参考にしてください。

裏技ではなく、プレー経験から導き出したものばかりです。

 

ピッチングの基本知識 おさえておきたいポイント

 

プレーをしていれば気づくであろう3つのシステムについて解説します。

 

ピッチングの時、以下の手順を踏んでいきます。

  1. 投げる球種を決める
  2. 投げるコースを決める
  3. ナイスピッチで投げる

この単純な流れの中で3つの大事なポイントがありますので、詳しく見ていきましょう。

 

緩急ゲージ 同じ球種は2連続まで

 

緩急ゲージ

 

緩急ゲージは、バッターが慣れているスピードについて教えてくれます。

例えば速い球(ストレート)を投げた後だと、緩急ゲージは右側(速い)に表示されます。「バッターが速い球に慣れていますよー」というサインです。

速い球に対応できているので、裏を読んで遅い球(カーブなど)を投げれば良いわけです。

ずっと同じ球種を投げても絶対に打たれるわけではありませんが、3球以上は危険です。連続で同じ球種を投げる場合は2回までにしましょう。

 

投球コース 苦手コースだからって連続して同じコースに投げない

 

投球コース

 

投球コースを選ぶ時に、バッターの得意コース(赤)と苦手コース(青)が表示されます。

基本的には苦手コースを狙っていきますが、苦手だからといって同じコースに連続で投げるのは危険です。

苦手コースが複数ある場合は1球目と違うコースを選ぶようにして、1つしかない場合は無理して同じコースに投げなくても良いです。

「1球目が低めなら2球目は高め」なイメージで、コースを使い分けていきましょう。

 

球種の選択 D以下の球種は使わない

 

球種

 

球種にはレベル(FからS)があり、ストレートを含めて5種類ほど球種を持っているピッチャーが多いです。

緩急をつけるために、さまざまな変化球を投げたくなりますが、これがちょっとした罠です。

というのも、レベルが低い球種は非常に打たれやすいです。緩急やコース関係なしに打たれます。

FとEの変化球は使わずに、そのピッチャーが持っているC以上の球種を優先して選びましょう。

 

9回は投手のスタミナに注意

 

試合が勝っていると、9回にピッチングの自力プレーがくることが多いです。

その時に注意してほしいのがピッチャーのスタミナ

セットアッパーや抑えが出てきている時はほぼ大丈夫ですが、先発ピッチャーが9回のマウンドにいることもまぁまぁ多く、スタミナが切れかかっているor切れています。

 

スタミナ

 

上の画像はスタミナが切れかかっている状態です。

スタミナがないとピッチャーの能力が大幅に下がるので、交代させましょう。

 

打たれないピッチングのコツ

 

上記で紹介した3つのポイントを気にしていれば、勝率は大幅にあがると思います。

それにプラスして、ちょっとしたコツを紹介します。

 

ピッチャーの得意球種で攻める

 

E以下の球種はできる使わない、と上記で説明しました。

そこからもう一歩踏み込んで、「得意球種しか使わない」ようにしましょう。

 

巨人のマイコラスを例に見てみます。

マイコラス

 

マイコラスは5種類の球種を持っていますが、シュート(F)とフォーク(E)はレベルが低いです。

マイコラスで投げる時は、ストレートとDカーブしか使いません。レベルが高く、緩急もつけれるからです。スライダーも使っても良いですが、なくても問題ないです。

もしどうしてもフォークやシュートをはさみたい場合は、ボールゾーンに投げてください。ストライクゾーンに投げるのは危険です。

 

ボール→ストライクの王道は危険 ストライク→ボールは有効

 

歴代野球ゲームで、カーブなどの変化球でボールゾーンからストライクゾーンを狙う手法はわりと有効でしたが、プロスピAではイマイチ通用しません。

逆にストライクからボールゾーンに逃げていくボールはそれなりに空振りしてくれます。

高めのストレートで追いこんで、ボールゾーンに落ちるフォークはおなじみのパターンですが有効です。

 

コースは低めより高め 低めはボールゾーンにする

 

ピッチング

 

現実の野球では、いかに低めにボールを投げれるかが大事ですが、プロスピAでは低めよりも高めのほうが抑えられます。(ずっと高めに投げれば良いという意味ではありません)

「困った時はアウトコース低め」というセオリーは通用しません。むしろけっこう打たれます。

低めの決め球はストレートではなく、フォークなどボールゾーンに逃げる球を投げましょう。

逆に、高めに投げる決め球はストレートをぎりぎりストライクゾーンに。カウントの余裕がある時はボールゾーンでもOKです。

 

投手交代を忘れずに

 

選手交代

 

意外と忘れがちなのが投手交代です。

プレーの出番がきた時に、ピッチャーがいまいちだった場合は交代させましょう。

代わりに選ぶのは高レベルの球種を2種類持った選手です。

中継ぎ・抑えの投手は変化球レベルが高い場合が多いので、苦労しないで手に入ると思います。

試合画面の右下にある「作戦」→「選手交代」でピッチャーを変えることができます。

 

フルカウントは暴投が有効

 

ボール球を振ってくれなくて、気づいたらフルカウントで投げるボールない、なんていうことがたまにあります。

その時におススメなのが暴投。ど真ん中の暴投はかなりの確率で空振りしてくれます。バッターが予想していないからなのか?

ストライクゾーンを選択してからの暴投はほぼ真ん中にいきますが、ぎりぎりを狙っての暴投はボールゾーンにいっちゃうこともあるので、フォアボールに注意です。

 

まとめ 自分のピッチングパターンを見つけよう

 

私が注意しているポイントを紹介しました。参考になれば嬉しいです。

相手バッターの能力によって打たれることもあるとは思いますが、基本的なパターンをおさえておけば勝率は良くなります。

 

大事なポイント

  • 緩急は大事だが、レベルの低い球種は投げない
  • 苦手コースだからって同じところに続けて投げない
  • 低めの決め球はボールゾーンへ
  • 能力の低い投手は交代

 

味方ピッチャーの能力に応じた投球パターンを覚えて、バッサバッサ相手をぶった切っていきましょう!

 

三振の取り方についてまとめた記事はこちら

⇒「[プロスピA] 三振の取り方まとめ

 

関連記事

プロスピAの攻略はこちらの記事にまとめてあります。

プロスピA攻略LAB

関連記事

三振のミッションをクリア

[プロスピA] 三振の取り方まとめ

[プロスピA] Aランクミキサー2回目のチャレンジ!Sランクは出るのか?!

Sランク契約書

[プロスピA] 必勝アリーナ攻略詳細(無課金者向け)

レベルアップ

[プロスピA] 初心者がLv100になるとこんな感じだよ!

ノーマルスカウトガチャ

[プロスピA] ノーマルガチャでSランクは出る?!

ミキサー

[プロスピA] ミキサーでAランクがSランクに?!実験してみたよ